PC版心理学はこらへ 無料スマホ占い(人魂占い)

社会的手抜き

 社会的手抜きとは、人がグループなどの共同作業をする際に一人で作業するときと比べ努力する量を減らすというもので、意図的に手を抜く場合と無意識に手を抜く場合があると考えられている。

 ドイツの心理学者リンゲルマンのロープ引き実験で、被験者がひとりでロープを引っ張らせた場合と、グループで複数人で引っ張らせた場合とで、どれだけの力が加えられたかを計ったところ、グループの人数が多くなればなるほど、ひとりの人がロープを引く力が弱まることがわかりました。

 複数人で作業をする際は全員が全力を出さないことを考慮しておく必要があるというわけです。
心理学メニュー 次ページ(フット・イン・ザ・ドア)
Copyright(C) 2012~ hitodamauranai.com All Rights Reserved.