PC版心理学はこらへ 無料スマホ占い(人魂占い)

釣り合い仮説

 釣り合い仮説とはマッチング仮説ともいい、人は自分の理想の相手をパートナーに選ぶよりも自分と釣り合いの取れたパートナーを選ぶ傾向にあります。

 人は無意識のうちに断れるの恐れたり、元から諦めてしまったりと、自分自身が最も魅力的だと思う相手を選ばないことが多いです。

 無意識に自分自身の点数的なもを付けて、その点数が近い相手、釣り合いの取れた相手をパートナーに選ぶものです。

 しかし、世間には不釣合いなカップルは多くいます。その場合は一方が身体的な魅力が無い場合は違う何かでその欠陥を補って釣り合いを取っているのです。

 美女と大金持ちのブ男カップルなどがそのいい例でしょう。

恋愛における釣り合い仮説

 恋愛においての釣り合い仮説は基本的には妥協して自分に見合ったパートナーを見つけるというのが最も有効な使い方でしょう。

 しかし、そう割り切れないのが恋愛です。

 釣り合い仮説は身体的な魅力だけで釣り合いを取る必要はありません。相手が身体的な魅力がある場合、それを補う何かをアピールして相手に釣り合うと思わせればいいのです。

 恋愛の大半は勘違いや思い込みなどによって結ばれることが非常に多いです。釣り合い仮説からも身体的な魅力がある人よりも誰とでも釣り合いの取れるアベレージタイプの人が選ばれることが多いと結果が出ています。

 意中の相手に見た目で負けていると感じても、諦めずにその相手には無く自分にある見た目の欠陥を補うものをアピールして釣り合いが取れてるように相手に思わせることが大切です。
心理学メニュー 次ページ(類似性の要因)
Copyright(C) 2012~ hitodamauranai.com All Rights Reserved.