PC版心理学はこらへ 無料スマホ占い(人魂占い)

パーソナルスペース

 パーソナルスペースとは、他人に入られると不快に感じる空間のことで、パーソナルエリアとも呼ばれる。
 自分の回りにある侵入を許せない見えない間合いと言った感じです。
 この範囲は人により、また相手により違いがありますが、アメリカの文化人類学者のエドワード・ホールはパーソナルスペースを大きく4つに大別しました。
 エドワード・ホールによるパーソナルスペースの距離などを下記に掲載しておきます。

 パーソナルスペースは一般的には女性よりも男性の方が広いとされています。
 一般的に、親密な相手ほどパーソナルスペースは狭くなり、逆に敵視している相手に対してのパーソナルスペースは広くなります。
 相手によっては距離に関わらず視認できるだけで不快に感じるケースもある。
 憎悪している相手やストーカーになどに対しては見えるだけで不快になることからパーソナルスペースは侵入してくる相手によってその範囲は大きく変わります。

パーソナルスペースの範囲

密接距離…ごく親しい人に許される範囲
 近接相(0~15cm)
 遠方相(15~45cm)
恋人や家族など親密な相手になら侵入を許せる範囲


個体距離…相手の表情が読み取れる範囲
 近接相(45~75cm)
 遠方相(75~120cm)
友人や同僚など親しい間柄になら侵入を許せる範囲


社会距離…相手に手は届きづらいが、容易に会話ができる空間
 近接相(1.2~2m)
 遠方相(2~3.5m)
顔見知りや仕事上での知り合いなどに侵入を許せる範囲


公共距離…複数の相手が見渡せる範囲、講演者と聴衆など
 近接相(3.5~7m)
 遠方相(7m以上)
個人的な付き合いがない相手に侵入を許せる範囲

※( )内の距離には個人差があり文化や性別などで大きく変わります。また、男女間では形や距離が異なりますのであくまでも目安の距離です。

恋愛におけるパーソナルスペース

 パーソナルスペースは男女により大きさに違いがあり男性の方がパーソナルスペースは広いとされています。

 例えば知り合って間もない時に女性が男性と話す場合、女性のパーソナルスペースは男性よりも狭いので会話の際に女性が許せる範囲の距離で男性と会話した場合、相手の男性のパーソナルスペースに知らずに侵入することになります。
 よって男性は自分のパーソナルスペースに侵入されているので落ち着かない場合や不快な気持ちになる場合があります。
 女性が男性と会話をする場合は女性同士で話す距離よりも少し離れて話す方がいいでしょう。

 このことから男女の会話の際は男性のパーソナルスペースは広いので女性と普通に会話している場合でも男性は「こんな近づいて話しをするってことは俺に気があるの?」といった勘違いをする場合があります。
 異性との会話の場合はその辺りに気を付けて下さい。

 また、意中の相手と会話する場合はパーソナルスペースを意識して男性なら普段同姓と話すときよりも近づいて話し、女性なら普段同姓と話す距離で相手が不快に思っていないようであり、次に話す機会がある場合に相手がその距離に侵入してきて話しをしてくれば脈アリの可能性があります。距離的には45cm以内の距離で相手が侵入してきて会話してくるかを確かめるといいでしょう。

 また、パーソナルスペースは親密度を計るのに使えます。相手から会話をしてきた場合にどれだけ近づいて来るかで親密度が計れるので上に書いたパーソナルスペースの範囲から密接距離に入って来て会話をしてくる場合は好感を持たれていることが多く。個体距離の場合が少しまだ打ち解けて居ないといった感じで親密度を計れます。


 パーソナルスペースは男女により広さが違うことは書きましたが、形も違います。
 女性のパーソナルスペースは自分を中心に円形です。
 男性のパーソナルスペース卵型で前方に長い形になります。

 男性は正面に向かい合った場合はパーソナルスペースが自分の前に広いので正面に向き合う形での会話などは落ち着かないことが多いです。
 一方女性は円形なのでどの角度で話してもパーソナルスペースは同じなので男女の会話で向きあって話すと男性は不快であったり落ち着かない場合が多いので男性と会話をする際は真正面ではなく斜めや隣同士などで会話をする方がいいでしょう。この場合、意中の相手と話す場合は隣合って相手の左側から話す方がいいでしょう。
心理学メニュー 次ページ(単純接触効果)
Copyright(C) 2012~ hitodamauranai.com All Rights Reserved.