PC版心理学はこらへ 無料スマホ占い(人魂占い)

動作・行動への逃避

 動作・行動への逃避とは隠し事があったり嘘をついてる時などソワソワして落ち着きがなかったりいつもと態度が違う行動になったりすることをいいます。

 人は後ろめたいことがあると自然といつもと違う行動をしたりするものです。それを隠すのがうまい人もいますが、うまい人でも不意を突かれるとポロっといつもと違う行動がでたりするものです。

 動作・行動への逃避では嘘の見破り方をいくつか紹介していきます。

嘘の見破り方 行動

 嘘を見破るにはまずは、相手の手の動きに注目しましょう。

 嘘をつくいてる時は手のひらを隠す傾向にあります。人はやましいことや隠し事がある場合は無意識のうちに手のひらを隠します。男性に多いのが腕組をしたりポケットに手を入れたりして手のひらを相手に見せなくします。

 また、口元を隠したり目線をそらすために鼻や口元などを頻繁に触るようになります。

 そして、早く話しを終らせたくて早口になったり矢継ぎ早に話しをして話しを終らせようとします。

 さらには、その場から立ち去りたい気持ちからソワソワと落ち着かなくなり姿勢を変えたりキョロキョロと周りを見たりします。

 これらの行動が出ていれば嘘をついている可能性が大です。注意して下さい。
ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ!

目線での嘘の見破り方

 目は口ほどに物を言うとのことわざがありますが、目を注意深く見ていれば嘘を見破ることが出来ます。目線での簡単な嘘の見破り方を紹介します。

 目は動きは無意識のうちに正直に物をいいます。長時間目線を意識して話すことはなかなか出来るものではありません。

 目線がどのような心理状態の時にどの向きになるのか紹介します。

 ※相手が右利きだと想定して説明します。左利きの場合は逆になります。


 ◎ 向かい合って自分から見て 目が右上を向いている場合

 「過去の体験を思い出している」 ときに出る目の動きです。要するに本当にあったことを思い出してる時の目線です。


 ◎ 向かい合って自分から見て 目が左上を向いている場合

 「見ことのない、聞いたことのないものを想像している」ときに出る目の動きです。要するに体験したことの無いことを自分なりに想像して解釈している時の目線です。


 ◎ 向かい合って自分から見て 目が右下を向いている場合

 「聴覚的に何らかのイメージがる」ときに出る目の動きです。お店などで流れてる音楽などに聴き覚えがあり思い出そうとしてる時の目線です。


 ◎ 向かい合って自分から見て 目が左下を向いている場合

 「身体的な運動をイメージしている」ときに出る目の動きです。スポーツをしていることやダンスなどの振り付けを思い出している時の目線です。


 ◎ 向かい合って自分から見て 目が泳いでいる場合

 「今までに見たことも聞いたこともない光景を思い浮かべている」時の目線です。何かを空想してる時の目線です。


 具体的な使い方は、普段の会話で中に突然相手に、「昨日の夜どこにいってたの?」と聞きます。

 その時の相手の目線が右を見てると昨日の出来事を思い出してる目線ですので答えは本当の事を言っている。

 相手の目線が左を見てるかキョロキョロとしてる場合は体験していないことを想像しているので答えは嘘を言っている。

 となるわけです。ただ、この目線の見破り方は100%ではありません。人によってクセなどがありますので普段から相手の目線に注意してそのクセを見つければ精度が上がっていきます。

 普段から目を見られると落ち着かなくなり目線がキョロキョロしてしまう人などがいますのでその辺りのクセを見つけてから使って下さい。


  この様に不自然な行動や目線によって嘘を見破ることができます。逆にそれらの行動の逆のことをすれば嘘がバレにくくなりますので、嘘をつくときは相手に手のひらを見せ目線は左上を見ること(相手から見て右上)です。



 また、女性は上目づかいで異性を見るときはその相手に尊敬や敬愛の感情をもっていることが多いです。
 女性に上目づかいで見られている場合はもしかしたら好意をもたれているのかもしれません。
心理学メニュー 次ページ(自己開示の返報性)
Copyright(C) 2012~ hitodamauranai.com All Rights Reserved.