PC版心理学はこらへ 無料スマホ占い(人魂占い)

自己ハンディキャップ

 自己ハンディキャップとは予防線のことです。例えば、テストの日の朝に「昨日全然勉強してなかった。」などと結果の出る前から言い訳をしてる人はいませんか?

 この様な結果が出る前に言い訳をつけて身を守ることを自己ハンディキャップと言います。自分自身にハンディキャップを負わせることで、失敗した時のショックから身を守ろうとする予防線のことで日本人は特よく使います。

 自己ハンディキャップを使う場合は大抵が少々自信がある時に使うことが多いのですが、少々の自信なので失敗する確率が高いのか、大きな自信なので失敗したら恥ずかしいので、ハンディキャップをあらかじめ付けて失敗のリスクを減らそうとするのです。

 この自己ハンディキャップの凄いところは、失敗した時は自分のせいでなく他に理由があるとでき、成功した時には普通の人よりも困難な状況だったにも関わらず、成功した自分は凄いのだとなるとことろです。
心理学メニュー 次ページ(宣言効果)
Copyright(C) 2012~ hitodamauranai.com All Rights Reserved.