PC版心理学はこらへ 無料スマホ占い(人魂占い)

レム睡眠とノンレム睡眠

 人間の睡眠には浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠があり、レム睡眠は身体が眠っているのに、脳が活動している状態で逆説睡眠とも呼ばれこのレム睡眠中に夢を見ます。

 そして、ノンレム睡眠は徐波睡眠と呼ばれ、急速眼球運動を伴わない睡眠、要するに眼球が動いてない睡眠状態をいいます。

 まず、寝はじめてすぐにノンレム睡眠に入り、その後レム睡眠とノンレム睡眠が繰り返されます。
 寝てすぐは疲れを取るためにのノンレム睡眠が多く、個人差はありますが80分~110分ほど続きます。
 その後、レム睡眠になり、約10分~30分ほどレム睡眠の状態んいなります。そして再度ノンレム睡眠になります。

 簡単にはノンレム睡眠は体の疲れを取る為に深い眠りになり、レム睡眠は記憶の整理をする睡眠で浅い眠りになります。
 レム睡眠時は脳は起きている状態で夢は記憶の整理中に見る整理中の記憶の断片を見ていると言われています。

 また、レム睡眠中に目覚めると夢を覚えていることが多いので夢を見たい時はレム睡眠中に起きる方がいいのです。

安眠サイクル

 上で書いたように夢を見るためにレム睡眠で起きるのがいいってだけではなく、ノンレム睡眠は体も脳も完全に休んでる状態で、その完全に休んでる状態で急に起こされると、頭がぼーっとして体もだるく目覚めが悪いことが多く、レム睡眠は脳が起きている状態で、この時に起きると頭は起きてる状態なので目覚めが良いことが多いのです。

 そして、身体の疲れを取るだけの睡眠の場合は、運動系のクラブ活動や重労働などで体が疲れきっている場合は除き、日常生活の単純な疲れの場合は約4時間で十分だと言われています。

 良い睡眠をとるには体の疲れが取れる4時間以上で約90分サイクルで来るレム睡眠時に目覚めるのがいいでしょう。これは個人差がありますが、80分の倍数90分の倍数100分の倍数で最も目覚めが良い時間を見つけて下さい。


 80分の倍数の場合は240分間、320分間、400分間、480分間、の睡眠
 90分の倍数の場合は270分間、360分間、450分間、の睡眠
100分の倍数の場合は300分間、400分間、500分間、の睡眠

分かり難いので

 80分・・・4時間、5時間20分、6時間40分、8時間
 90分・・・4時間半、6時間、7時間半
100分・・・5時間、6時間40分、8時間20分


 このサイクルで自分に合った睡眠時間を見つけて下さい。

 体調により最初のノンレム睡眠が長い場合やすぐに寝つけない場合など自分のサイクルを見つけるのは難しいです。
 見つかるまでは、何時から何時まで何時間寝て、目覚めは良い・やや良い・普通・やや悪い・悪い、夢を見たか、などを書いておくのもいいでしょう。


レム睡眠とノンレム睡眠は5歳~10歳の間に形成されますが、それまでは約90分のサイクルではなく、半分以上がレム睡眠状態で眠っています。赤ちゃんが1日何度も眠るのは新しく覚えたことを睡眠中に整理して記憶していくからなのです。

 成人してからも起きてる時に多くのことを学習した日はレム睡眠が増えることも確認されています。
 よって、効率良く学習し記憶するのにはしっかりとした睡眠は必要だといえるのです。徹夜で猛勉強は実は記憶には良くない行為なので、勉強したらその分しっかりと睡眠を取る方がいいのです。
心理学メニュー 次ページ(初頭効果)
Copyright(C) 2012~ hitodamauranai.com All Rights Reserved.